ED治療の革命|バイアグラという黒船

バイアグラの臨床試験

バイアグラの臨床試験

世界的な臨床試験で19歳から87歳の3700人以上の心因性、糖尿病、怪我などによる簿記不全全般の患者にバイアグラが投与されました。うち550人の感受は1年以上の治療を続けている人たちです。

 

そしてバイアグラを飲んだ後に性的刺激を受けて性交できた人は64%以上だったといいます。

 

一方薬の効果を確かめるために、外見では本物と見分けがつかない偽物の薬をプラセボと言います。プラセボでの成功率は23%だったので、明確にバイアグラの効果が証明されたことになります。

 

また「問題があった」として中止した割合はバイアグラとプラセボの間では大差はなかったのです。
このデータからFDAは「勃起障害のある人で、バイアグラを服用して有効なのは3分の2」と結論付けています。

 

バイアグラの使う人は服用前から背的な刺激を喚起させておかなければならない。つまり、いつでもの飲めば勃起するというものではなく、あらかじめの改革性が求められるのです。

 

また、器質性あるいは心因性の勃起障害のどちらかを持つ8人の患者における実験で、性的な刺激があった時、プラセボ薬に比べてバイアグラを使った方に勃起が改善されることがわかりました。

 

多くの研究では服用後約60分でバイアグラの効果が出ています。勃起反応が起こるときは一般にシルデナフィル量と血しょう濃度が増加しています。

 

そして、投与約4時間までは効果を示しますが、後半の2時間の反応は最初の2時間に比べて小さなものでした。

 

一回の投与量を100ミリグラムまで上げていったが、通常の男性の明らか心電図に変化はみられなかった。100ミリグラムのシルデナフィルを単独投与すると、健常人において、血圧が10mm効果した。つまり、バイアグラは高血圧の治療効果も示すのです。これは40ミリグラムのシルデナフィルを与えている心臓疾患の患者での効果と同じです。

 

アメリカではこんな話が紹介されている

 

バイアグラ

1990年の6歳年下の女性と結婚したが、1995年に前立腺手術を受けた後、勃起障害を患いました。彼が「妻が私を愛していることは知っているが、彼女を失うのではないか?と恐ろしく思った」と告白しています。

 

インポテンツの治療のために初めはバージェクトと言う注射薬を試してみた。可視化に効果があったが、副作用もあった。それは激しい痛みを覚えたこと、注射跡が残ることでした。

 

そんな中、経口勃起治療薬バイアグラの臨床試験に参加しました。それで、この薬を使えば普通に勃起することができると確信したのです。

 

バイアグラの感想としては「セックスの回数が増えただけじゃない。内容がとても良くなってきた。より硬く、より大きく、より激しくという感じです。妻も大満足でバイアグラを使ってからは、妻が私のことを夫として男として尊敬していることを感じることができるようになった。」

 

妻の意見としては「インポテンツの男性には興味を持つことが難しい。私はそんなにセックスが好きではないで度、インポテンツの男性はもう自分は子供を残す機能が無いといじけているのを感じる。だから、私は自分の夫にバイアグラを勧めたのです。今では夫を男として尊敬しているし、魅力的だと感じています。」